ペット売り場のショーケースで目があい運命を感じた、そんな経験をお持ちの人もいるのではないでしょうか。
可愛いペットを見たら、ついつい連れて帰りたくなってしまうというものですが、欲しかったからでは済まないのが、人間と同じ命を持つペット。
それぞれのメリットデメリットを理解した上で、受け入れることができるのか家族でもよく話合うことが大切です。
また、子供がペットを飼いたいといったとき頭ごなしにダメというのもかわいそうなもの。ペットを飼う事によって成長できる部分もあるはずです。

ペットを飼うデメリット

子供がペットを飼いたいというと必ずや直面するのがお散歩の問題、世話の問題、そして生死の問題です。
犬であれば毎日のお散歩は必須。その際の糞の始末や家に上がる時の手足を洗うなどといったお手入れは愛情なくしてはできることではありません。
また、健康体や赤ちゃんの時のかわいい姿のままでいるとは限らないのが生き物というもの。
歳をとってよぼよぼになっても、皮膚病になって見た目が悪くなったとしても、ずっと愛し続けなければなりません。
食事や入浴、また家を汚されるなどといったストレスがつきものなのもペットを飼うということ。
これらのデメリットをすべて理解した上でなければ、ペットを飼う資格はないといえるでしょう。

ペットを飼うメリット

しかしながら、それらのデメリットをすべて超えるほどの愛情や癒しを与えてくれるペット。
なついたペットは人間のように裏切ることはしませんし、時に命懸けで飼い主を守ってくれる頼もしい存在。
家族以上だと語る人が多いのも、そんな信頼関係からくるものなのでしょう。
猫は気まぐれとよく言いますが、その分気ままでみていて飽きないもの。猫のように暮らしたい、と誰もが一度は思ったことがあるはずです。

一方忠誠心が最も高いとされる犬に関しては、番犬の役割も果たしてくれるので安心です。
時に恋人や友人のように寄り添ってくれる存在の愛犬。
これらを題材にした映画やお話は昔から多く人々の心を惹きつけます。
犬との生活を夢見る人は世の中に沢山いるのです。

ページ上部に