犬の体臭や口臭の原因として考えられるのが、普段から与えているドックフードです。市販されているドックフードには、添加物などが含まれているものが多くあります。
添加物が原因で匂いを発生している場合と、虫歯や皮膚病などが原因で匂いを発生している場合があります。

ドックフードの原材料をチェック

愛犬の体臭や口臭の原因として考えられるのが、ドックフードに含まれている添加物です。人工的に作られた添加物は、犬の体内でなんらかの害を及ぼしている可能性があります。
普段から添加物や肉の副産物などが含まれていないドックフードを利用している場合は、虫歯などが原因と考えられます。また毎日シャンプーなどをしているのに体臭がある場合は、皮膚病などの病気の可能性があります。
基本的にドックフードの中に含まれているものが引き金になり、トラブルを引き起こしている場合があります。まずは普段から与えているドックフードに原因になりそうなものが無いか、チェックする事が大切になります。

虫歯に気をつけよう

ドックフードはドライタイプの他に、水分を多く含んでいるウェットタイプなどがあります。ドライタイプに比べ、水分を多く含んでいるタイプのドックフードは歯の間などに残りやすい事がわかっています。
愛犬の口のトラブルを未然に防ぐためにも、普段から歯磨きの習慣を作っておく事が大切です。トラブルを未然に防ぐために必要な事は、普段から観察をする事が大切です。

まとめ

匂いのトラブルのほとんどは、ドックフードが大きく関わっています。普段から与えているドックフードの原材料が原因だったり、歯の間に残ったドックフードが原因だったり。
匂いのトラブルの原因は、少しだけ気にかける事で防ぐ事が出来ます。毎日与えているドックフードのデメリットをきちんと把握する事が大切になります。
大切な愛犬の健康状態をチェックする時に、歯の間にドックフードが残っていないかチェックする事も大切です。

ページ上部に