大切な愛犬が喜んで食べていたドックフードから、高級なドックフードに変えた途端に食いつきが悪くなってしまった経験を持っている人も多いと思います。ドックフードを変えたことで、まったく食べなくなるには理由があります。
犬にも好き嫌いの感情があるように、ドックフードに関しても好みがあります。無理矢理食べさせようとするのは逆効果になるので、時間をかけて対策することが大切だと言えます。

食いつきが悪い理由

ドックフードを変えた途端、食いつきが悪くなってしまったということがあると思います。この原因として考えられるのは、ドックフードの匂いや味が好みではなかった事が伺えます。
犬の嗅覚はとても優秀で少しでも嫌いな匂いなどを感知すると、一切口にしなくなる可能性があります。愛犬の好みを見抜くことは難しく、実際に与えてみないとわかりません。
ただ確実なことは、犬にも好き嫌いが存在するという事です。このような事が起きないように、普段から愛犬の好みを調べておく事が大切です。

食いつきをよくするための改善策

それでは好んで食べないドックフードはどうしたら良いのか?と考える人が多いど思います。解決策として一番有効な方法は、愛犬が好んで食べるドックフードと混ぜて食べさせる方法です。
好物と合わせて食べさせることで、好みではないドックフードを食べるようになります。好んで食べないフードと好んで食べるフードを合わせて食べさせる方法は、もっとも改善策としても有効だと言えます。

まとめ

ドックフードを変えた途端、食いつきが悪くなってしまった経験をしたことがある愛犬家が多いと思います。犬にも好き嫌いの感情があることを理解すれば、色々な対策を打ち出すことが出来ます。
今まで食べていたドックフードと混ぜ合わせて食べさせたり、ドックフードの中におやつをトッピングするのも方法の一つです。無理に食べさせようとするのは逆効果になるので、時間をかけて対策することが大切です。

ページ上部に