大切な愛犬のしつけの時におやつを使って、楽しみながらトイレやお座りなどの訓練をすると効率よく覚えてくれます。
犬にとって何か1つ言うことを聞くと、ご褒美がもらえると思い一生懸命覚えてくれます。このことからわかるように、犬に何かを教える時は楽しみながら教えることが大切です。

トリーツの与える影響

トレーニングの時にトリーツを使いしつけをする場合、成功するたびに少量を与えることが大切です。おやつをもらえると言うことが、犬にとってはとても重要なことになります。
日常生活の中で必要とされるしつけは、なるべく早く身に付けさせなければいけません。ただがむしゃらに言葉だけで教え込むのではなく、遊びの中で楽しみながら教える事が大切です。

トリーツの種類

しつけや芸を教える時に使われるトリーツには、いくつか種類があります。犬が好むレバーや肉、マグロが一般的に知られています。
レバー・肉・マグロを好む犬が多く、トレーニングの時のご褒美として使われる事が多くあります。普段からお楽しみのご褒美としてあげてしまうと、トレーニング時のご褒美効果が薄くなってしまいます。その事も念頭に入れて、有効に活用しましょう。

適量以上は与えない

トレーニングの時、成功したからといってたくさん食べさせる事は逆効果になってしまいます。大きさは3ミリ〜5ミリ程度にし、トレーニングの回数も決めた方が効率よくトレーニングが出来ます。
トリーツで使われている原料は、脂肪分が多く使われているものが多くあります。適量以上に与えてしまうと、肥満などの原因になるので注意が必要となります。

まとめ

しつけや芸のトレーニングの時、成功する度にご褒美をあげる方法が一般的に広まっています。犬はご褒美欲しさにトレーニングを頑張り、最終的にご褒美をあげなくても良いじょうたいになります。
普段からおやつを食べさている場合は、ご褒美効果が薄くなる傾向があります。ご褒美はトレーニング時のみにした方が、大きな効果が期待出来ます。
また犬が好んで食べるレバー・肉・マグロを原料にしたものを、ご褒美として使いましょう。
また商品が傷まないように、添加物や防腐剤が使われている事があります。
犬にとっては害を及ぼすものなので、与える前に原料はチェックするようにしましょう。大切な愛犬の健康を維持するためにも、適量以上は与えないようにする事が大切です。

ページ上部に