ドックフードの原材料には、ラム・チキン・鹿肉がよく使われています。この中でもよく使われているのが、高タンパク質で手に入りやすい鶏肉が使われています。
鶏肉やラム肉はアレルギー反応を起こす確率が低いため、ドックフードを作るときに好んで使われます。また鶏肉に関しては、犬が好んで食べるためドックフードの中に入っていることが多くあります。

チキンが使われる理由

ドックフードの原料としてチキンが使われるのは、犬が好んで食べると言うほかに高タンパク質でアレルギー反応を起こしづらいことから使われています。また原料費が安いためドックフードを作る側にとってもメリットがあり、現在ではドッグフードの主流と言える原料になっています。
国内で販売されているドッグフードのほとんどは、チキンを使ったドックフードです。ここ最近ではラム肉を使ったドッグフードも人気が出ており、大変な注目を集めています。

ラムが使われる理由

最近ではラム肉が使われたドックフードが人気を集めています。人気を集めている要因は鶏肉と同じように、アレルギー反応を起こす確率が低く犬たちにとっても好む味だからです。
しかし値段の面では、鶏肉を使ったドックフードよりも高い値段になってしまうのがデメリットの1つです。ラム肉を使ったドックフードは穀物を混合させて作られている場合が多いので、原材料の表記を確認する必要があります。
使われている穀物の中には、アレルギー反応を引き起こす原因になってしまうものが含まれている場合があります。大切な愛犬を守るためにも、使われている添加物や原料をチェックすることが大切です。

鹿肉が使われる理由

鶏肉やラム肉のほかに鹿肉で作ったドックフードがあります。鹿肉にはタンパク質や脂肪など、犬にとって必要な栄養素がたくさん含まれています。
他の原料に比べるとバランスが良く、愛犬家の間では人気のある原材料の1つです。もちろん販売価格等は少し高くなりますが、大切な愛犬のために鹿肉の使われているドックフードを買っていく愛犬家が多くいます。

ページ上部に