大切な愛犬に与える餌の回数や量はどれくらいが適正なのか、考えたことのある人はたくさんいると思います。適正とされる回数や量を間違えてしまうと、肥満などの原因になってしまいます。
飼い犬の健康維持は、飼い主の責任の上で成り立つことだということを自覚しなくてはなりません。犬種や年齢によって給餌量が変わるので、その都度計算する必要があります。

パッケージの給餌量は標準犬用

ドックフードのパッケージに記載されている給餌量は、標準体重を保っている犬を対象に計算されています。また犬種や年齢に応じて給餌量が変わるので、その都度計算する必要性があります。
またパッケージに記載されている給餌量は1回の食事分ではなく、1日に必要とされる数値です。またパッケージに記載されている数値は、あくまでも目安として考えるので必要があります。
一回につき与える餌の量は、対象になる犬のサイズや体重で大きく異なります。このことを常に意識した上で、1回の食事の量を決める必要があります。

食事の回数は年齢と体重で決める

年齢によって1日に消費するエネルギー値が大きく変わり、それに合わせて食事の量を決める必要があります。
1回の食事で必要としているカロリーなどを摂取させるより、数回に分けて摂取させる方が犬の体にとって良い場合があります。
激しい運動を毎日していると、屋内で飼われている犬では消費するカロリーが明らかに異なります。運動を毎日している犬には少しだけ高いカロリー設定の食事を数回に分けて与え、屋内で飼われている犬には少しだけ低いカロリーの食事を1回だけ与えることが大切です。
摂取したカロリーを確実に消費することが出来るかで、食事の回数は量が変わることを覚えておく必要があります。健康を維持するためにも、飼い主は飼い犬のライフステージと体重を把握することが何よりも大切です。
また季節によっても消費されるカロリー量が変わるので、その辺りも念頭に入れておく必要があります。また各メーカーから犬種と年齢から割り出す、計算式なども出ているので参考程度に利用するのも良いかもしれません。

ページ上部に