ペットを飼うということ

洋服を着ている犬を目にすることも珍しくなくなってきましたよね。犬に服を着せていると飼い主が犬のことをとてもかわいがっているイメージがありますが、人間のエゴで服を着せるなんてかわいそうという風に思っている人も中にはいるでしょう。犬に服を着せるメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

犬に服を着せるメリットは?

犬に服を着せるメリットはおしゃれ以外にもたくさんあります。服を着せることは愛犬の体調管理にとても役立つんですよ。例えば、毛が短く、寒い季節は専用のヒーターなどを必要とするような種類の犬の場合は、服を着せることで防寒対策ができます。犬も暖かくて心地よいですし、飼い主がわの負担も減りますよね。
また、皮膚の弱い犬を紫外線から守ることにも効果があります。室内で飼っている時は大丈夫だけど、外で日差しを浴びる時などには服を着せると紫外線から守ってあげられます。

また、外出先で毛が抜けて迷惑をかけてしまわないように抜け毛対策として着せたり、雨の日や散歩時に虫がついたりしないように服を着て汚れや虫刺されを防止することもできます。
皮膚病や手術の後などで犬が傷をなめたりひっかいたりしないように服を着せることもあります。お散歩中に傷口から黴菌が入るのも防げますよね。
このように犬に服を着せるメリットはたくさんあるんですよ。

犬に服を着せるデメリットは?

犬に服を着せると体温調節ができず、熱がこもって暑い思いをさせてしまう可能性があるのが一番のデメリットです。熱中症になったり、蒸れて皮膚病になることもあるので気を付けましょう。
毛の長い犬は服の生地とこすれて毛玉ができやすくなります。しっかりケアをすれば大丈夫ですが気をつけないと毛玉だらけになってしまう可能性もありますよ。
服の装飾品をひきちぎって誤飲する恐れもあるので、犬に着せる服はシンプルな作りのものが良いでしょう。
また一番気を付けたいデメリットはストレスを与えてしまう恐れがあることです。服を着ることを嫌がる犬は多いです。嫌がっているのに無理やり着せることだけはやめましょう。

犬に服を着せるメリットを生かしましょう

犬に服を着せるメリットはたくさんあります。おしゃれにこだわって着せるのではなく、メリットを生かせる楽しみ方ができると良いですね。犬は触られるのに敏感です。服を着せるときに体をたくさんさわっても安心できるくらい信頼関係を築けてから服を着せることを始めてくださいね。

犬や猫、ウサギ、ハムスター、インコ、フェレット、熱帯魚など、動物をペットとして飼っている人は非常に多くいます。
その理由は様々ですが、触れ合える動物に関しては家族やパートナー、仲間といった意識で飼われている場合が非常に多いようです。
以前は、家の外に犬小屋を建てて庭で犬を飼うという光景が一般的でしたが、小型犬が主流になってきたということもあってか、犬を室内で飼うということが普通になってきました。
冬場などは犬に専用の洋服を着せて散歩させる人も珍しくありません。
ペットの保険が話題になったり、ペットの霊園や葬儀屋が多く見られたりと、以前に比べて人の動物に対する接し方は変化してきました。

今では、ペットも家族の一員と考えて人と同じような暮らしをするという考え方が一般的になっています。
動物を大切にしようというその考え方はとても素晴らしく動物にとっても良い傾向にあるのですが、一方でいまだに動物に対する考え方に問題がある人も居るのが現状です。
一度飼った動物は最期まで面倒を見ることが、動物をペットとして飼育する人間の義務ですよね。
ところが、生態を知らずに興味本位で飼ってしまい、途中で世話が出来なくなってそのまま放置したり、自然に放したりという人もいるのです。
よくニュースで取り上げられるのは、野生化した熱帯魚や鳥の話題で、耳にしたことがあるという方も少なくないはずです。

動物を飼うということは大きな責任がかかってきます。
それを理解せずに動物を飼うことは絶対にあってはいけません。
今現在ペットを飼っている方も、これからペットを飼おうと考えている方も、もう一度、生命の大切さや尊さを考え直してみてはいかがでしょうか。

ページ上部に