ドッグフードの危険性

量販店やペットショップで売られているドックフードの中には、危険性が高いものもあります。これはドックフードを作るために使われている原材料が大きく関わってきます。
犬にとって害を及ぼす可能性が高いものが原材料として使われ、ドックフードが製造されている現状があります。犬の主食と言えるドックフードには、危険性がたくさん含まれていることを忘れてはいけません。

ドックフードには危険が隠れている

市販されているドックフードの原材料には、害を及ぼす可能性が高いものが使われています。肉の副産物や添加物に加え、穀物なども危険が高い部類と言えます。
肉の副産物は、人間は絶対に食べることのない部位を使っていることを示しています。また販売価格を安くするために、リスクを承知の上で原材料として廃棄になるようなものが使われている場合があります。
この事からドックフードには危険が隠れており、買う側は慎重に選ぶ必要があります。原材料がもたらすリスクは、癌やアレルギーなどを発生するリスクが物凄く高いと言えます。
この事態が大きな問題となり、新たに法律が制定されたりしています。ひと昔とは違い、必ず使用されている原材料の表記が義務付けになりました。
このことがきっかけとなり、リスク高い原材料からリスクの低い原材料へとシフトチェンジする業者が増えました。しかし穀物などが使われている場合、アレルギーなどを発生するリスクがあります。
すべてのドックフードが危険性が高いというわけではありませんが、必ず何かしらのリスクがあるということを認識しておく必要があります。

リスクを回避する方法

ドックフードの原材料の中でも、リスクが大きいものと少ないものがあります。一般的に注目したいのが、肉の副産物です。
肉の副産物とは、決して食べられる部位ではないものを加工して使っている場合が高いと言えます。普通に食べない部位を食べれば、体に害を及ぼすのは当然のことだと言えます。
愛犬の健康を考えるのであれば、厳しい基準をクリアしたオーガニックフードがおすすめです。他には添加物を使っていないものや、穀物を使っていないものもおすすめです。

ページ上部に