2018年2月 記事一覧

ペット売り場のショーケースで目があい運命を感じた、そんな経験をお持ちの人もいるのではないでしょうか。
可愛いペットを見たら、ついつい連れて帰りたくなってしまうというものですが、欲しかったからでは済まないのが、人間と同じ命を持つペット。
それぞれのメリットデメリットを理解した上で、受け入れることができるのか家族でもよく話合うことが大切です。
また、子供がペットを飼いたいといったとき頭ごなしにダメというのもかわいそうなもの。ペットを飼う事によって成長できる部分もあるはずです。

ペットを飼うデメリット

子供がペットを飼いたいというと必ずや直面するのがお散歩の問題、世話の問題、そして生死の問題です。
犬であれば毎日のお散歩は必須。その際の糞の始末や家に上がる時の手足を洗うなどといったお手入れは愛情なくしてはできることではありません。
また、健康体や赤ちゃんの時のかわいい姿のままでいるとは限らないのが生き物というもの。
歳をとってよぼよぼになっても、皮膚病になって見た目が悪くなったとしても、ずっと愛し続けなければなりません。
食事や入浴、また家を汚されるなどといったストレスがつきものなのもペットを飼うということ。
これらのデメリットをすべて理解した上でなければ、ペットを飼う資格はないといえるでしょう。

ペットを飼うメリット

しかしながら、それらのデメリットをすべて超えるほどの愛情や癒しを与えてくれるペット。
なついたペットは人間のように裏切ることはしませんし、時に命懸けで飼い主を守ってくれる頼もしい存在。
家族以上だと語る人が多いのも、そんな信頼関係からくるものなのでしょう。
猫は気まぐれとよく言いますが、その分気ままでみていて飽きないもの。猫のように暮らしたい、と誰もが一度は思ったことがあるはずです。

一方忠誠心が最も高いとされる犬に関しては、番犬の役割も果たしてくれるので安心です。
時に恋人や友人のように寄り添ってくれる存在の愛犬。
これらを題材にした映画やお話は昔から多く人々の心を惹きつけます。
犬との生活を夢見る人は世の中に沢山いるのです。

犬を飼ってみたいと思っているけど、私にはどの犬種が合っているのかが分からないという人は多くいるでしょう。ここでは、犬選びの参考になるように、犬の品種をご紹介します。

トイプードル

トイプードルは、クルクルとカールした毛並みで、まるでぬいぐるみのようなかわいらしさを持つ犬種です。とても知能が高いという特徴があります。ただ、足がとても細いので、骨折しないように注意して飼う必要があります。

チワワ

チワワは、パッチリとしたとても愛らしい目を持っている犬種です。とても小さくて弱く見えますが、実はしっかりと自己を主張できる強さをもっているのが特徴です。チワワは泉門が塞がっていないことがあるので、頭部の衝撃などには注意してあげましょう。

パグ

パグは、愛嬌のある顔つきの犬種です。とても温厚な性格で、吠えにくいのが特徴です。しわが多いので、しわの間を良く拭いてあげるようにしましょう。また、太りやすいので、かわいいからと、おやつを与えすぎることのないように注意しましょう。

ゴールデンレトリーバー

ゴールデンレトリーバーは、ゴールドの美しい毛を持つ犬種です。温厚な性格が、特徴です。美しい毛並みですが、放っておくと毛玉ができてしまうので、毎日のブラッシングが必須です。

柴犬

柴犬は日本犬で、いかにも和という雰囲気の犬種です。賢く、綺麗好きな性格なことが特徴です。皮膚が弱く、抜け毛が多いので、ブラッシングをしてあげることを忘れないようにしましょう。

マルチーズ

マルチーズは、白く、シルクのような美しい毛を持つ犬種です。甘えん坊な性格が、特徴です。毛の美しさを保つためには、毎日のブラッシングはもちろん、月1回程度のトリミングも行いましょう。

自分に合った犬を選ぼう

犬にはたくさんの犬種があり、その大きさや見た目、性格は様々です。あまり散歩に行けない人は、散歩が少なくて良い犬種を選ぶなど、飼う人のライフスタイルや、家庭環境に合わせて飼う犬種を決めましょう。

ページ上部に