2016年7月 記事一覧

大切な愛犬が喜んで食べていたドックフードから、高級なドックフードに変えた途端に食いつきが悪くなってしまった経験を持っている人も多いと思います。ドックフードを変えたことで、まったく食べなくなるには理由があります。
犬にも好き嫌いの感情があるように、ドックフードに関しても好みがあります。無理矢理食べさせようとするのは逆効果になるので、時間をかけて対策することが大切だと言えます。

食いつきが悪い理由

ドックフードを変えた途端、食いつきが悪くなってしまったということがあると思います。この原因として考えられるのは、ドックフードの匂いや味が好みではなかった事が伺えます。
犬の嗅覚はとても優秀で少しでも嫌いな匂いなどを感知すると、一切口にしなくなる可能性があります。愛犬の好みを見抜くことは難しく、実際に与えてみないとわかりません。
ただ確実なことは、犬にも好き嫌いが存在するという事です。このような事が起きないように、普段から愛犬の好みを調べておく事が大切です。

食いつきをよくするための改善策

それでは好んで食べないドックフードはどうしたら良いのか?と考える人が多いど思います。解決策として一番有効な方法は、愛犬が好んで食べるドックフードと混ぜて食べさせる方法です。
好物と合わせて食べさせることで、好みではないドックフードを食べるようになります。好んで食べないフードと好んで食べるフードを合わせて食べさせる方法は、もっとも改善策としても有効だと言えます。

まとめ

ドックフードを変えた途端、食いつきが悪くなってしまった経験をしたことがある愛犬家が多いと思います。犬にも好き嫌いの感情があることを理解すれば、色々な対策を打ち出すことが出来ます。
今まで食べていたドックフードと混ぜ合わせて食べさせたり、ドックフードの中におやつをトッピングするのも方法の一つです。無理に食べさせようとするのは逆効果になるので、時間をかけて対策することが大切です。

犬の体臭や口臭の原因として考えられるのが、普段から与えているドックフードです。市販されているドックフードには、添加物などが含まれているものが多くあります。
添加物が原因で匂いを発生している場合と、虫歯や皮膚病などが原因で匂いを発生している場合があります。

ドックフードの原材料をチェック

愛犬の体臭や口臭の原因として考えられるのが、ドックフードに含まれている添加物です。人工的に作られた添加物は、犬の体内でなんらかの害を及ぼしている可能性があります。
普段から添加物や肉の副産物などが含まれていないドックフードを利用している場合は、虫歯などが原因と考えられます。また毎日シャンプーなどをしているのに体臭がある場合は、皮膚病などの病気の可能性があります。
基本的にドックフードの中に含まれているものが引き金になり、トラブルを引き起こしている場合があります。まずは普段から与えているドックフードに原因になりそうなものが無いか、チェックする事が大切になります。

虫歯に気をつけよう

ドックフードはドライタイプの他に、水分を多く含んでいるウェットタイプなどがあります。ドライタイプに比べ、水分を多く含んでいるタイプのドックフードは歯の間などに残りやすい事がわかっています。
愛犬の口のトラブルを未然に防ぐためにも、普段から歯磨きの習慣を作っておく事が大切です。トラブルを未然に防ぐために必要な事は、普段から観察をする事が大切です。

まとめ

匂いのトラブルのほとんどは、ドックフードが大きく関わっています。普段から与えているドックフードの原材料が原因だったり、歯の間に残ったドックフードが原因だったり。
匂いのトラブルの原因は、少しだけ気にかける事で防ぐ事が出来ます。毎日与えているドックフードのデメリットをきちんと把握する事が大切になります。
大切な愛犬の健康状態をチェックする時に、歯の間にドックフードが残っていないかチェックする事も大切です。

大切な愛犬のしつけの時におやつを使って、楽しみながらトイレやお座りなどの訓練をすると効率よく覚えてくれます。
犬にとって何か1つ言うことを聞くと、ご褒美がもらえると思い一生懸命覚えてくれます。このことからわかるように、犬に何かを教える時は楽しみながら教えることが大切です。

トリーツの与える影響

トレーニングの時にトリーツを使いしつけをする場合、成功するたびに少量を与えることが大切です。おやつをもらえると言うことが、犬にとってはとても重要なことになります。
日常生活の中で必要とされるしつけは、なるべく早く身に付けさせなければいけません。ただがむしゃらに言葉だけで教え込むのではなく、遊びの中で楽しみながら教える事が大切です。

トリーツの種類

しつけや芸を教える時に使われるトリーツには、いくつか種類があります。犬が好むレバーや肉、マグロが一般的に知られています。
レバー・肉・マグロを好む犬が多く、トレーニングの時のご褒美として使われる事が多くあります。普段からお楽しみのご褒美としてあげてしまうと、トレーニング時のご褒美効果が薄くなってしまいます。その事も念頭に入れて、有効に活用しましょう。

適量以上は与えない

トレーニングの時、成功したからといってたくさん食べさせる事は逆効果になってしまいます。大きさは3ミリ〜5ミリ程度にし、トレーニングの回数も決めた方が効率よくトレーニングが出来ます。
トリーツで使われている原料は、脂肪分が多く使われているものが多くあります。適量以上に与えてしまうと、肥満などの原因になるので注意が必要となります。

まとめ

しつけや芸のトレーニングの時、成功する度にご褒美をあげる方法が一般的に広まっています。犬はご褒美欲しさにトレーニングを頑張り、最終的にご褒美をあげなくても良いじょうたいになります。
普段からおやつを食べさている場合は、ご褒美効果が薄くなる傾向があります。ご褒美はトレーニング時のみにした方が、大きな効果が期待出来ます。
また犬が好んで食べるレバー・肉・マグロを原料にしたものを、ご褒美として使いましょう。
また商品が傷まないように、添加物や防腐剤が使われている事があります。
犬にとっては害を及ぼすものなので、与える前に原料はチェックするようにしましょう。大切な愛犬の健康を維持するためにも、適量以上は与えないようにする事が大切です。

量販店やペットショップで売られているドックフードの中には、危険性が高いものもあります。これはドックフードを作るために使われている原材料が大きく関わってきます。
犬にとって害を及ぼす可能性が高いものが原材料として使われ、ドックフードが製造されている現状があります。犬の主食と言えるドックフードには、危険性がたくさん含まれていることを忘れてはいけません。

ドックフードには危険が隠れている

市販されているドックフードの原材料には、害を及ぼす可能性が高いものが使われています。肉の副産物や添加物に加え、穀物なども危険が高い部類と言えます。
肉の副産物は、人間は絶対に食べることのない部位を使っていることを示しています。また販売価格を安くするために、リスクを承知の上で原材料として廃棄になるようなものが使われている場合があります。
この事からドックフードには危険が隠れており、買う側は慎重に選ぶ必要があります。原材料がもたらすリスクは、癌やアレルギーなどを発生するリスクが物凄く高いと言えます。
この事態が大きな問題となり、新たに法律が制定されたりしています。ひと昔とは違い、必ず使用されている原材料の表記が義務付けになりました。
このことがきっかけとなり、リスク高い原材料からリスクの低い原材料へとシフトチェンジする業者が増えました。しかし穀物などが使われている場合、アレルギーなどを発生するリスクがあります。
すべてのドックフードが危険性が高いというわけではありませんが、必ず何かしらのリスクがあるということを認識しておく必要があります。

リスクを回避する方法

ドックフードの原材料の中でも、リスクが大きいものと少ないものがあります。一般的に注目したいのが、肉の副産物です。
肉の副産物とは、決して食べられる部位ではないものを加工して使っている場合が高いと言えます。普通に食べない部位を食べれば、体に害を及ぼすのは当然のことだと言えます。
愛犬の健康を考えるのであれば、厳しい基準をクリアしたオーガニックフードがおすすめです。他には添加物を使っていないものや、穀物を使っていないものもおすすめです。

大切な愛犬に与える餌の回数や量はどれくらいが適正なのか、考えたことのある人はたくさんいると思います。適正とされる回数や量を間違えてしまうと、肥満などの原因になってしまいます。
飼い犬の健康維持は、飼い主の責任の上で成り立つことだということを自覚しなくてはなりません。犬種や年齢によって給餌量が変わるので、その都度計算する必要があります。

パッケージの給餌量は標準犬用

ドックフードのパッケージに記載されている給餌量は、標準体重を保っている犬を対象に計算されています。また犬種や年齢に応じて給餌量が変わるので、その都度計算する必要性があります。
またパッケージに記載されている給餌量は1回の食事分ではなく、1日に必要とされる数値です。またパッケージに記載されている数値は、あくまでも目安として考えるので必要があります。
一回につき与える餌の量は、対象になる犬のサイズや体重で大きく異なります。このことを常に意識した上で、1回の食事の量を決める必要があります。

食事の回数は年齢と体重で決める

年齢によって1日に消費するエネルギー値が大きく変わり、それに合わせて食事の量を決める必要があります。
1回の食事で必要としているカロリーなどを摂取させるより、数回に分けて摂取させる方が犬の体にとって良い場合があります。
激しい運動を毎日していると、屋内で飼われている犬では消費するカロリーが明らかに異なります。運動を毎日している犬には少しだけ高いカロリー設定の食事を数回に分けて与え、屋内で飼われている犬には少しだけ低いカロリーの食事を1回だけ与えることが大切です。
摂取したカロリーを確実に消費することが出来るかで、食事の回数は量が変わることを覚えておく必要があります。健康を維持するためにも、飼い主は飼い犬のライフステージと体重を把握することが何よりも大切です。
また季節によっても消費されるカロリー量が変わるので、その辺りも念頭に入れておく必要があります。また各メーカーから犬種と年齢から割り出す、計算式なども出ているので参考程度に利用するのも良いかもしれません。

大切な愛犬のために、手作りごはんを作る愛犬家の人たちが増えています。愛情たっぷりのご飯を食べさせることで、もたらすメリットとデメリットが存在しています。
メリットとデメリットの存在を理解した上で、愛犬のためのご飯を作るようにすることが大切です。適度な愛情と過剰な愛情では、もたらす結果が大きく異なります。

手作りごはんがオススメな理由

愛犬に食べさせるご飯を手作りすることで、添加物や防腐剤などの摂取を防ぐことができます。また栄養バランスを独自に考え実行することで、より健康な体にすることができます。
また普通に販売されているドックフードを購入するより、安全な食事を低価格で作ることができます。ただし犬にとって食べてはいけない人間の食べ物もあるので、最新の注意が必要です。
愛犬に与える食事を手作りすることは、信頼関係を築くためにも友好的な方法だといえます。また食事を作るたびに、愛犬の表情や食欲を把握するようになるので健康管理に大きく役立ちます。

手作りごはんの注意点

大切な愛犬に食事を手作りするためには、注意していなくてはいけないことがいくつかあります。まず初めに犬が食べても害のない食材なのか確認することが必要です。
大切だからこそ食事の量を多くするのではなく、適量を保ち体重の維持を心がけることが1番重要なことです。可愛いからと言って食事の量を増やしてしまうと、肥満体型になってしまいさまざまな病気の引き金になってしまいます。
手作りで食事を作る利点の裏側には、必ず気をつけなければならないことがらが潜んでいます。うわべだけで見るのではなく手作りをすることでどのようなメリットがあるのか、またどのようなデメリットがあるのか考えることが何よりも大切なことです。

まとめ

大切な愛犬のために、食事を手作りしている愛犬家の人が増えています。愛情を注ぎすぎると大切な愛犬の健康を損なうことがあります。
これは適量ではなく、欲しがるからといって多くの食事やお菓子を与えてしまうことが原因です。犬を飼うと言う事は、1つの命を責任を持って守らなければいけないということです。
愛犬の標準的な体型や体重を維持するためにも、手作りで作った食事をバランスよく適量に食べさせることが何よりも大切なことです。またライフステージに合わせて食材を選び、犬の消化器官などに負担がかからないようにしてあげることも大切です。

現在買うことの出来るドックフードの中で、一番信頼出来るドックフードがあります。それはオーガニックドックフードです。
オーガニックと認定されるまでには、長い年月と厳しい審査をクリアしなければいけません。ペットブームが盛り上がる一方で、安全性の高いドックフードが好まれる傾向が強くなっています。

オーガニックフードの定義

オーガニックと認定されるまでには、過去3年間にわたり【農薬・化学肥料・土壌改良剤】などを使わずに有機的な手法で栽培されたフードでなければいけません。
さらに人口添加物や保存料を一切使っていないことに加えて、遺伝子組換え原料を使用していないことが求められます。さらに基準となることは、細かく設定されています。
これらの条件をクリアしたオーガニックのドックフードは、大変信頼出来るドックフードだと言えます。

人気を集めている理由

まさに天然に近い状態を維持して作られているため、犬が抱え込んでしまう体へのリスクが非常に少ないドックフードだと言えます。さらに人口添加物なども使われていないので、アレルギーなどを発生するリスクも低いと言えます。
安全性が高く信頼性も高いので、大切な愛犬のことを思う愛犬家から絶大な支持を得ています。体に害を及ぼすものが使われていないということは、ドックフードを購入する側としては見逃せないことです。
大切な愛犬にいつまでも元気でいてもらうためにも、体に害を及ぼす可能性が低いドックフードを選ぶ人が増えています。厳しい基準をクリアしたドックフードだからこそ、たくさんの愛犬家から信頼されています。

まとめ

人間が普段から食べているものは、厳しい基準をクリアした安全性の高いものばかりです。このように厳しい基準をクリアしたドックフードは、多くの愛犬家から信頼され支持されています。
体に害を及ぼす可能性がある原料は使われていないので、販売されているドックフードの中でも信頼出来る商品だと言えます。

ドックフードの原材料には、ラム・チキン・鹿肉がよく使われています。この中でもよく使われているのが、高タンパク質で手に入りやすい鶏肉が使われています。
鶏肉やラム肉はアレルギー反応を起こす確率が低いため、ドックフードを作るときに好んで使われます。また鶏肉に関しては、犬が好んで食べるためドックフードの中に入っていることが多くあります。

チキンが使われる理由

ドックフードの原料としてチキンが使われるのは、犬が好んで食べると言うほかに高タンパク質でアレルギー反応を起こしづらいことから使われています。また原料費が安いためドックフードを作る側にとってもメリットがあり、現在ではドッグフードの主流と言える原料になっています。
国内で販売されているドッグフードのほとんどは、チキンを使ったドックフードです。ここ最近ではラム肉を使ったドッグフードも人気が出ており、大変な注目を集めています。

ラムが使われる理由

最近ではラム肉が使われたドックフードが人気を集めています。人気を集めている要因は鶏肉と同じように、アレルギー反応を起こす確率が低く犬たちにとっても好む味だからです。
しかし値段の面では、鶏肉を使ったドックフードよりも高い値段になってしまうのがデメリットの1つです。ラム肉を使ったドックフードは穀物を混合させて作られている場合が多いので、原材料の表記を確認する必要があります。
使われている穀物の中には、アレルギー反応を引き起こす原因になってしまうものが含まれている場合があります。大切な愛犬を守るためにも、使われている添加物や原料をチェックすることが大切です。

鹿肉が使われる理由

鶏肉やラム肉のほかに鹿肉で作ったドックフードがあります。鹿肉にはタンパク質や脂肪など、犬にとって必要な栄養素がたくさん含まれています。
他の原料に比べるとバランスが良く、愛犬家の間では人気のある原材料の1つです。もちろん販売価格等は少し高くなりますが、大切な愛犬のために鹿肉の使われているドックフードを買っていく愛犬家が多くいます。

最近よく量販店やペットショップで、グレインフリーと記載されているドックフードを目にする事が増えました。普通のドックフードと何が違うのかと言うと、穀物を一切使っていないドックフードの事を指します。
普通のドックフードは、動物性タンパク質と穀物を合わせて作られているものがほとんどです。犬の体の構造上、穀物などに対する消化機能が低い事が関係しています。

犬は肉食の生き物

犬の祖先は肉食動物としても知られている狼です。肉食動物の内臓は、肉を消化するための機能に優れています。
逆に穀物などとの相性が悪く、消化をする時点でなんらかのトラブルが起きる可能性があります。そんなトラブルを避け、犬の体に優しいドックフードがあります。
それは穀物を一切使っていないドックフードです。穀物を摂取する事で、消化不良などを起こす可能性があります。
グレインフリーは穀物を一切使用していないので、消化不良などを起こす心配がありません。犬にとっては体に優しいドックフードと言え、健康状態を維持するという面で注目を集めています。

アレルギーの原因を無くせる

犬にとって穀物は消化の出来ない、もっとも苦手な食べ物と言えます。上手く消化が出来ないと体の中に蓄積されていき、アレルギー反応を引き起こす原因になります。
穀物を消化するためには、アミラーゼという酵素が必要になります。肉食である犬は、このアミラーゼを持っていないので穀物を消化する事が出来ません。
この事が広く知られるようになり、犬の体に負担を掛けない工夫が施されたドックフードが人気を集めています。穀物を一切使用していないグレインフリーのドックフードは、今後のドックフードの主流スタイルになると期待されています。

まとめ

本来は肉食の犬は穀物を消化するための、機能を持っていません。この事が広く知られるようになり、穀物を一切使用していないドックフードが注目を集めています。
大切な愛犬の健康を気遣うのであれば、穀物を一切使用していないドックフードがおすすめです。これに加えてドックフードの原材料にも注目が集まり、肉の副産物などが含まれていないドックフードも注目を集めています。
穀物や肉の副産物を一切使用していないドックフードは多くの愛犬家から支持されており、これからのドックフードの主流になると期待されています。

ページ上部に